華政(ファジョン)

【韓ドラ】華政(ファジョン)59話あらすじ~★

韓国ドラマ『華政(ファジョン)』第59話のあらすじです。

華政(ファジョン)の第59話はどんな内容となっているんでしょうか!

58話のあらすじはこちら

【韓ドラ】華政(ファジョン)第58話のあらすじ~★

1話~を見逃してしまった方は動画配信サービスなどで無料体験等で見れます!

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

気になるその続きはこんなあらすじです!

韓流観るなら<U-NEXT> 無料トライアル実施中!<U-NEXT>

★この記事の目次★(好きなところへジャンプ)

韓ドラ 華政(ファジョン)第59話あらすじ~

 

第59話あらすじ

王から全権を譲り受けたジョジャムはジュソンを釈放する。

そして崇善君(スンソングン)を世子にするようにもくろむ・・

 

同じ頃、世子嫁(セジャビン)は鳳林大君に昭顕世子の意思をついで世子になるように説得する。

貞明公主も昭顕世子の最後の言葉を伝えて後押しする。

 

ある日、仁祖と王妃は静養のために温泉へ向かうがジャジョムは二人が留守の間に便殿会議を開いて崇善君を世子にする命令書を発表しようとする。

貞明公主は仁祖を説得するために後を追うのである。

 

ヒ素は貞明公主の説得を受け入れ王宮に戻り、鳳林大君を新しい世子の座に据えると宣言!

ジャジョムらは、崇善君を世子に指名する命令書があると抗言するが、仁祖は承諾した覚えはないと突っぱねる・・

 

 

第59話はこんな感じで進んでいきます!

まだ見ていない方はぜひチェックしましょう!


韓国ドラマ見逃し配信はこちら

韓国ドラマ見逃し配信視聴はこちらで初月31日間見放題♪