七日の王妃

【韓ドラ】七日の王妃1話~3話あらすじ~★

韓国ドラマ『七日の王妃』第1話~第3話までのあらすじです。

七日の王妃の第1話~3話はどんな内容となっているんでしょうか!

気になるその内容はどんなんかなぁ~?

韓流観るなら<U-NEXT> 無料トライアル実施中!<U-NEXT>

韓ドラ 七日の王妃第1話~3話あらすじ~

 

七日の王妃第1話~第3話までのあらすじをご紹介!

始めてみられるかた!

そして見逃してしまった方はぜひチェックしてみてくださいね(o^^o)

三大スターの出演ドラマ、感動ラブストーリーの始まりです☆

七日の王妃第1話あらすじ

1499年の朝鮮王朝時代。

チェギョンが処刑台に上がるシーンからのスタート。

チェギョンとヨクの間に一体何があったのか。

 

話は1499年からはじまる。

 

チェギョンが処刑台にあがった年から7年前までさかのぼる。

干ばつすることをよく思っていない燕山君は激怒。

天変地異は、国王の責任だと昔から言われ続けているから。

第10代目国王・燕山君(ヨンサングン)は王朝の婚礼が干ばつ解消につながるときいて、異母弟のヨクを側近シン・スグンの娘チェギョンと結婚させようとする

 

娘を守るために都から遠ざけ、縁談をすべて断ってきたスグンは困惑する。

父はチェギョンには居昌(コチャン)から出るなと言い続けていた。

 

でも、何もしらないチェギョンは両親のいいつけに逆らって男装姿で漢陽(ハニャン)へ、、

そこでヨクと偶然最悪な出会いを果たしてしまう。

 

一方、今後ヨクとチェギョンを苦しめることになる先の王様の遺言がかかれた密旨の存在を燕山君(ヨンサングン)が知ることになる。

 

その昔先の王様は逝去間際に燕山君(ヨンサングン)である世子に遺言を残していた。

それは、”王位は晋城大君(チンソンデグン)に譲位しろ”という遺言だった。

その後、燕山君(ヨンサングン)は晋城大君(チンソンデグン)に対し冷たくし続ける。

 

一方、チェギョンとヨクが言い争いをしている間にソノという少年が財布を盗む・・

チェギョンは父宛の大切な書状がはいった財布がなくなったことに気づき、ヨクの仕業だと疑うが・・?

 

燕山君(ヨンサングン)はあることから晋城大君(チンソンデグン)を殺そうとするが、そこに晋城大君(チンソンデグン)の母である王妃が来て間一髪危機を免れる。

 

ヨクを守るためにシン・スグンの娘と婚姻するように王妃もまたヨクにそう伝える。

この話を燕山君(ヨンサングン)は聞いてしまいさらに逆上。

気分転換に外へ出かける。

 

ヨクは密旨の存在など知るよしもなく兄上の燕山君(ヨンサングン)へ忠誠心を伝えたく苦悩する。

 

その頃、チェギョンは燕山君(ヨンサングン)が乗った馬を見てヨクと勘違いし追いかける。

燕山君(ヨンサングン)とチェギョンが出会ってしまう。




七日の王妃第2話あらすじ

燕山君(ヨンサングン)と偶然出会ったチェギョンは、幼い自分が宿に泊まれるように王様であることを知らず兄のふりをしてほしいと頼み込む。

 

ところが二人は宿の食事に薬を揉まれて意識を失ってしまう。

その宿の主人は盗人だった。

そのまま二人は監禁されてしまい・・そこには、白骨化した遺体も・・

驚くチェギョン。

起きてと燕山君(ヨンサングン)を必死で起こすも起きない。

 

チェギョンはなんとか抜け出すことに成功。

燕山君(ヨンサングン)も意識がないままチェギョンに救いだしてもらう。

チェギョンはなんとか王宮へ無事たどり着く。

そこで安心したチェギョンは意識を失うが燕山君(ヨンサングン)が王宮で手当てする。

 

助けてくれたお礼に『また会うことがあれば願いをひとつ叶える』と置き手紙を残して彼女と別れる。

 

一方ヨクは母と共にシン・スグンの家を訪れ自分の婚約者がチェギョンだとしって驚愕する・・

チェギョンも同じく断固拒否!!と思いきや婚姻すると言い放つ!

 

ヨクと言い争いになるが・・?

 

チェギョンは実は王族に近づいてはならぬという予言を言われた。

都承旨(トスンジ)である父は、チェギョンが漢陽(ハニャン)へきてはならぬ理由を本人に伝えてもきっと信じないだろうと苦悩する。

 

チェギョンはそんなことを知るよしもなく、なぜ漢陽(ハニャン)へいてはだめなのかと悲しむ。

そして、チェギョンは漢陽(ハニャン)へずっと住めるように王子様との婚姻をするべく作戦を決行。

それは王子様の気持ちをこちらへ向けるという作戦。

 

王子様との約束した場所へ行くと米泥棒騒動が起きていた。

チェギョンと王子様はその犯人がソノだと突き止める。

だが、王子様が犯人だといってソノは難を逃れる。

七日の王妃第3話あらすじ

ヨクとチェギョンは友の契りを結びソノの家に訪問する。

だが、成宗の密旨について知るソノの父は身の危険を感じて二人を追い出してしまう。

 

その帰り道にヨクとチェギョンはイム・サホンの部下に追われるがなんとか無事に逃げ切った!

ヨクは明るく夕刊なチェギョンにひかれて結婚を申し出る。

チェギョンもヨクの指輪を渡して愛を誓う。

 

そんな中燕山君(ヨンサングン)はソノの父を拷問にかけ、ヨクが彼の家を訪れた理由を問い詰める。

 

ヨクはソノに助けを求められる。

ヨクは拷問をうけた瀕死のソノの父を監獄からチェギョンと共に救い出す。

チェギョンの親戚の知人が地方へ引っ越しする予定だったことを思い出し荷物とともに理由をつけて連れて行って貰うことを提案し、ソノとその父は無事地方へいけることに・・

一方、ヨクは身代わりに王様の臣下に捕まってしまう。

 

七日の王妃第1話~第3話まではこんな感じで進んでいきます!

[btn class=”simple big”]七日の王妃第4話~第6話はこちら[/btn]

[btn class=”lightning big bg-yellow maru”]無料で韓国ドラマを楽しむには?[/btn]


韓国ドラマ見逃し配信はこちら

韓国ドラマ見逃し配信視聴はこちらで初月31日間見放題♪