七日の王妃

【韓ドラ】七日の王妃第13話~第15話まであらすじ~!

韓国ドラマ『七日の王妃』第13話~第15話のあらすじです。

七日の王妃の第13話~第15話はどんな内容となっているんでしょうか!

気になるその内容はどんなんかなぁ~?

韓流観るなら<U-NEXT> 無料トライアル実施中!<U-NEXT>

韓ドラ 七日の王妃第13話~第15話あらすじ~

 

過去あらすじ

七日の王妃第1話~第12話までのあらすじをまだ見ていない方はこちら▼

[box class=”pink_box” title=”七日の王妃過去あらすじ”]

[/box]

七日の王妃第13話あらすじ

質店の隠し部屋へ忍び込んだチェギョンはヨクが謀反を企てていると証拠を目にしてしまう。

そして大きなショックよ衝撃を受けてしまう。

そしてヨクがタニシの首長であることを悟ったチェギョン。

ヨンサングンの思惑を確かめようと宮殿に向かうがヨンサングンが臣下を無残に殺す様子をみて引き返す

これをみたチェギョンはさらにショックをうけ、倒れてしまう。

それを見つけたヨクは寝ずに看病をする。




七日の王妃第14話あらすじ

チェギョンは小間使いとして働かしてほしいというミョンヘを雇うが彼女がヨクに口づけをした女性だということを思い出し不安に思うチェギョン。

そしてヨクもこれを知り衝撃を受ける。

チャスン大妃(テビ)からは密旨を探すように命じられそれを探そうとする周囲の動きを察して疑心暗鬼に陥るチェギョン。

チェギョンの体にはその密旨があるせいでさらわれてしまう・・

七日の王妃第15話あらすじ

密旨を手に入れたヨクは自ら王位をヨンサングンに譲ると宣言。

都を離れてチェギョンと暮らす道を選ぶ。

 

チェギョンとヨクは大人になった二人が出会った場所(酒屋)を訪れる。

一方、チェスン大妃(テビ)は思いもよらないヨクの決断に激怒。

ミョンヘも密旨を王に渡した聞いて驚愕する。

 

チェギョンとヨクは出会った酒屋で幸せな時間を過ごしていた。

ヨンサングンはヨクを殺しても二人の仲を切り裂くことはできないと悟り部屋にこもり一人酒におぼれる。

 

一方ヨクはチェギョンにずっと渡そうとしていたあるものを胸元から見つける。

チェギョンが夕食をもってきたとき、そのあるものを見つける。

それはなにかと訪ね、ヨクはずっと渡そうと思っていたと渡す。

 

その中身は、小豆。

何か腹が立ったり、悔しかったりしたときに投げつけてくれと・・

 

二人がじゃれ合ってるタイミングでヨクはチェギョンを押し倒してそのままキスをし、二人は結ばれる。

翌朝チェギョンは二人の屋敷へ戻る。

乳母はチェギョンが無事に帰り安堵し泣きながら都を離れてくれと懇願する。

チェギョンもヨクと都を離れるつもりだと告げる。

 

屋敷ではミョンヘが自分のほんとうの名前などを打ち明ける。

自分がいつミョンヘだと気づいたのかとチェギョンに聞く。

はじめから気づいていたと話す。

 

一方王様は、ヨクへの嫉妬心などから殺しておけば良かったと後悔する。

そしてまだ間に合うとヨクへを殺すことを誓う。

 

ヨクはタニシの仲間達に王座を捨てたこと、タニシを解散することになってしまってすまないと謝る。

チェギョンに本当のことを話、王座を捨てたことで肩の荷が下りたと涙ながらに語る。

そして兄上をあと1度だけ信じたいと思ったと語る。

 

でも、ソノらタニシの仲間たちはヨンサングンを牽制すべく今後もタニシの活動を続けるとヨクに告げる。

ソノはヨクがここにいると自分たちの命が危ないと都にいってくれという。

 

左議政(チャイジョン)がタニシの質屋であるアジトを突き止めたことを都承旨(トスンジ)は知る。

それをいいことに王様にそれをつげ、王様と左議政(チャイジョン)の中を引き裂こうと考える。

王様は予想通り激怒。

左議政(チャイジョン)に問いただし臣下を次々皆殺しにしていく。

 

チェギョンはヨクにもらった指輪を眺め幸せそうにする。

これはなんですか?と乳母が聞くと、あの結ばれた夜に指輪を見つけヨクにはめてもらったことを話す。

 

一方、タニシを一網打尽にするべく、王命で左議政(チャイジョン)が義禁府( ウィグムブ)をつれてタニシのアジトへいく。

ヨクだけは守ろうとミョンヘが大妃(テビ)様がお呼びだと呼び出す。

このタニシの首長をソノに仕立て上げようという魂胆だった。

そしてチェギョンも王様からこのことを聞かされ驚愕する。

 

ミョンヘの様子がおかしいことに気づいたヨクはミョンヘを問いただす。

残ったタニシが危険なことになっていると悟ったヨクは質屋へ戻る。

そこには、義禁府( ウィグムブ)が周りを固めているのを目にする。

ミョンヘへ過ちを正したいのなら言うことをきけという。

ヨクはタニシの仲間を外へ出し、逆賊となるふれ文(ミョンヘが偽造したもの)があることを見つける。

左議政(チャイジョン)は、ヨクにチェギョンとと共に逃げてくれとチェギョンの父としてそしてヨクの義父として最後のおねがいをする

 

ヨクはタニシと合流し、罠だということを伝える。

一人でも捕まれば芋づる式にみんな捕まると伝える。

 

ヨクは質屋へ戻る。

左議政(チャイジョン)であるチェギョンの父はタニシを逃がしたことで捕まってしまう。

質屋には謀反を企てる文を見つけ王様に渡す。

王様は激怒しチェギョンをまず殺すと告げる。

 

 

七日の王妃第13話~第15話はこんな感じで進んでいきます!

さてどうなるんでしょうか^^

[btn class=”lightning big bg-yellow maru”]無料で韓国ドラマを楽しむには?[/btn]


韓国ドラマ見逃し配信はこちら

韓国ドラマ見逃し配信視聴はこちらで初月31日間見放題♪