華政(ファジョン)

【韓国ドラマ】華政(ファジョン)第10話~第12話まであらすじ

韓国ドラマ『華政(ファジョン)』第10話~第12話のあらすじです。

華政(ファジョン)の第10話~第12話はどんな内容となっているんでしょうか!

気になるその内容はどんなんかなぁ~?

韓流観るなら<U-NEXT> 無料トライアル実施中!<U-NEXT>

韓国ドラマ 華政(ファジョン)第10話~第12話あらすじ~

 

過去のあらすじ

[box class=”pink_box” title=”華政過去あらすじ”]

[/box]

華政(ファジョン)第10話あらすじ

マルノは江戸に出て商売をしようと考えていたが、近々江戸に朝鮮通信使がくると聞いたファイは自分も行くと言い出す

しかし、女は通行証がなと江戸へは入れず、男装がバレたら即座に処刑となってしまう。

江戸にいけば、朝鮮に帰れると思った公主(コンジュ)は危険を承知で江戸にいくことにする。

そのころ、朝鮮では光海君(クァンヘグン)が火薬の製造に全力を注いでいたが硫黄が品薄で手に入らなかった。

 

そこでジュウォンに倭国で硫黄の闇取引をするように命じる。

通信使として江戸に到着したジュウォンは早速、硫黄職人を調べさせる。

酒場で待っていたジュウォンはゴロツキに絡まれてしまうが、見せに居合わせたファイの助けで難を逃れる。

ジュウォンが朝鮮通信使だと知ったファイは、彼に名前を尋ねるのだが・・




華政(ファジョン)第11話あらすじ

ファイは、江戸で偶然再会したジュウォンが火器都監(ファギトガム)の役人として光海君(クァンヘグン)に仕えていることを知り、複雑な思いを抱く。

一方ジュウォンはファイが公主(コンジュ)であるとは思いもせず硫黄を独占する商人イダチとの橋渡しを頼む。

倭国で硫黄の闇取引が見つかれば、即刻死罪となるが、ファイは朝鮮にかえるため危険を承知でジュウォンに協力する。

 

同じ頃、光海君(クァンヘグン)は国境の視察へ向かう。

表向きは、視察を兼ねて境界地域に新しい武器を当たるという名目だったが、実際は別の目的があった。

華政(ファジョン)第12話あらすじ

ファイとジュウォンは闇取引のため渡し場へいく。

しかし、ジュソンの密告により江戸の役人たちに取引現場を取り押さえられてしまう。

だがファイが身代わりとなる難を逃れる。

ジュウォンは行動の怪しかった護衛を問いただすと闇取引は硫黄の買い付けをジャマしてきた犯人を見つけ出すために光海君(クァンヘグン)が仕組んだおとりだったことがわかる驚愕する。

 

通信使の船が出航する日、ジュウォンはファイを救うためジャギョンに協力を求める。

片やすべての罪をかぶって投獄されたファイは、今度こそジュウォンが約束を守り助けにきてくれると信じて待っていた。

一方、明(ミン)の兵士が朝鮮に越境するという騒動が起こる。

 

第10話~第12話ははこんな感じで進んでいきます!

公主(コンジュ)とジュウォンが再会しました!!!

まだまだ公主だと気づかないようなのでジュウォンと公主はどんな展開になっていくのか気になりますね

そしてまだまだ朝鮮に戻れない公主・・

一体いつ戻れるのか。。そしていつ公主だとみんなが気づくのか・・

まだまだ目が離せません!

 

[btn class=”lightning big bg-yellow maru”]無料で韓国ドラマを楽しむには?[/btn]


韓国ドラマ見逃し配信はこちら

韓国ドラマ見逃し配信視聴はこちらで初月31日間見放題♪