チャン・オクチョン

【韓国ドラマ】チャン・オクチョン第11話あらすじ~!

韓国ドラマ『チャン・オクチョン』第11話のあらすじです。

チャン・オクチョンの第11話はどんな内容となっているんでしょうか!

気になるその内容はどんなんかなぁ~?

韓流観るなら<U-NEXT> 無料トライアル実施中!<U-NEXT>

韓国ドラマ 第11話あらすじ~

前回のあらすじ

[box class=”pink_box” title=”過去あらすじ”]

[/box]

オクチョン第11話あらすじ

王妃は苦しみながら倒れた。

王妃の病がなにか大妃(テビ)が訪ねる。

王妃の病はトオソウの疑いがあると答える。

 

王妃はヘミンソにいったときにうつったかもしれないと女官が答える

大妃(テビ)は王様にうつるかもしれないと慌てる。

 

大妃(テビ)は王様に離宮しろといい、王様は言うとおり離宮の身支度をする。

 

針房(チムバン)ではトオソウが移っては困るからと王妃様の肌着をもっていくのを女官達は断った。

その中でオクチョンが自分がいくと言う。




王妃様の着替えをも誰もが怖がって断る中オクチョンが引き受ける。

王妃の顔や足などには湿疹がでていた。

王妃はオクチョンに王様にあったことがあるかと訪ねる。

そして良いお方でしょ?と涙しながら話す。

そしてもう1度あの方にあって最後にあの方の腕の中で・・と語る。

王様にあいたい・・王様にあいたい・・とオクチョンにおねがいする。

オクチョンは涙しながら王様をお連れしますと承諾する。

 

オクチョンは王様を見つけ王妃様が危篤だと・・王妃様が探していると話す。

王妃様がトオソウにかかり死と戦い、王様に最後を看取ってほしいと言っていることを伝える。

王様がすぐにいくと話していると大妃(テビ)が猛反対。

でも、王様が最後に一人で逝かせることができない!と説得する。

大妃(テビ)の反対を押し切って王様は王妃のもとへ。

 

スンは女官・内官みなが外にでていることに怒りを覚えながら王妃の元へ。

スンは王妃の手を握りながら自分のためにもよくなってくれと頼む。

王妃は安らかに眠りにつけそうだというとスンは抱き寄せ逝ってはならぬと涙する。

王妃にすまぬことをしたと過去の自分のしてきたことを謝る。

でも王妃は自分は幸せだったと答える。

そしてこの世を去った。




オクチョンも部屋の前で泣いていた。

スンはよろめきながらオクチョンに後は頼んだと言い残し部屋をでていく。

 

時が経ち・・

王妃の座をあけておくわけにはいかないと話が持ち上がるがスンは自分が決めるという。

大妃(テビ)はミンの娘イニョンがだめなのかときくが、自分が気に入る人を探すと話す。

王妃が亡くなって間もないからいうのをやめてくれと頼む。

 

大妃(テビ)は針房(チムバン)で作った圓衫(ウォンサム)をイニョンに揀擇(カンテク)のときに着せて次期王妃だと思うだろうとイニョンに提案する。

[aside]

ウォンサムとは王宮の礼服のこと。

[/aside]

[aside]

王や世子、王子等の王族の相手を選ぶ事

[/aside]

スンは近頃、福善君(ポクソングン)の亡霊を見ることが増えてきていた。

夢にまで見るようになる。

 

オクチョンは外で休んでいるとそこにスンがくる。

しばらく一緒にいてくれぬか・・と頼み、悪夢をみること、そして王妃様への後悔、王としての悩みなどをオクチョンに話した。

その日は久しぶりにゆっくり眠れたスンだった。

 

スンはその日からオクチョンのことばかり考えていた。

王様のお召し物を採寸し直すからとたまたまいたオクチョンが王様の元へ。

王様はオクチョンがきたことにビックリ。

ビックリしながら採寸を進めた。

 

 

第11話はこんな感じで進んでいきます!

王妃様が亡くなってしまいました(/_;)

オクチョンとスンの距離がまた少し縮まりました☆

オクチョンが側室になるのも時間の問題かな?

 

12話はどうなっているんでしょうね(゜Д゜)

[box class=”pink_box” title=”12話あらすじ”]

【韓国ドラマ】チャン・オクチョン第12話あらすじ~!

[/box]


韓国ドラマ見逃し配信はこちら

韓国ドラマ見逃し配信視聴はこちらで初月31日間見放題♪