李氏朝鮮 人物

張禧嬪(チャン・ヒビン)とオクチョンどっちが名前なの?

トンイやチャン・オクチョンなどを見ているとオクチョンと呼ばれていたり、ヒビン様と呼ばれていたり・・

一体このみんなからの呼ばれ方がバラバラなのはなぜ?

ヒビンが名前なのか、オクチョンが名前なのか・・

一体どういうことなのかご紹介していこうと思います!

張禧嬪(チャン・ヒビン)とチャン・オクチョン違い

チャン・オクチョンは実名

オクチョンと特に王様が呼んでいますよね。

その呼び名はチャン・オクチョンの実名になります。

 

なのでこちらが本当の名前になります。

愛する人の名前だから王様はオクチョンと呼んでいるんですね

チャン・ヒビンは?

では、チャン・ヒビンという呼び名はどういう意味なのか。

宮廷での中では、ヒビン様と呼ばれていることがほとんどですね。

この呼び名は、もちろん名前ではなく、身分の呼称になります。

ですので、王宮ではそう呼ばれています

尚宮様とは?

では、王宮の中で尚宮様と呼んでいる時もあります。

こちらは、側室の中での名称となります。

 

側室でも、それぞれ位がありその中の1つに尚宮があります

側室の中でも尚宮は位が一番下になります。

まとめ

というわけで、ちょっとオクチョンの名前は一体どれが本名で違いがなんなのかについてまとめてみました!

色々な呼ばれ方をしていますが、それぞれで呼ばれているときはこういう意味があるんだと思ってみるとまた面白いですよ

韓国ドラマ見逃し配信はこちら

韓国ドラマ見逃し配信視聴はこちらで初月31日間見放題♪