豆知識

【韓国ドラマ】100日の朗君様時代背景はいつ?世子は実在モデルいた?

韓ドラにある100日の朗君様の時代背景についてのご紹介です

100日の朗君様ハマっている方、そしてハマった方多いのではないでしょうか?

100日の朗君様はいつの時代の話なのでしょうか?

そしてドラマにでてくる人たちは本当に実在した人なのでしょうか?

今回は、100日の朗君様の時代背景や実在したモデルはいたのか?についてご紹介していこうと思います

韓流観るなら<U-NEXT> 無料トライアル実施中!<U-NEXT>

【韓国ドラマ】100日の朗君様時代背景はいつ?世子は実在モデルいた?

100日の朗君様時代背景について

100日の朗君様を見る限り、いつの時代なのか?

という紹介などはありません。

ですので、いつの時代なのかよくわかりませんね。

 

ドラマを観ていくと、いくつかのヒントがありました!

  1. 明(みん)がでてくる
  2. 女真族がでてくる

これらを踏まえて想像してみると・・・

 

16代目の仁祖(インジョ)の時代なのかなと想像ができます。

100日の朗君様を最後まで見たことがある方はわかるとおもうのですが、ドラマの最後あたりには、女真族と明が戦争をして、朝鮮も巻き込まれてしまいます。

 

これらは歴史上でも、あるのですが女真族は明に勝てない状態だったのですが、同じように戦えるようになったのはだいたい15代目の光海君(クァンヘグン)の時代になります。

ですので、だいたい16代目の仁祖(インジョ)の時代背景なのかなと想像ができます。

 

この仁祖(インジョ)や光海君(クァンヘグン)のことをよく知りたい方は、華政(ファジョン)を見られると相関図がわかりやすいかもしれません。

100日の朗君様 世子は実在モデルはいるのか?

100日の朗君様 世子は実在モデルはいません。

一番気になるのはやはり世子!

100日の朗君様の世子は本当にいたのか!?

イ・ユルですが、残念ながら実在する人物ではありません。

 

ドラマではイ・ユルの父は謀反を起こしてしまいます。

ただ、父親の謀反を起こした世子は2人いますが、これはユルではありません。

 

ですので、イ・ユルという世子はいないので作られた架空の人物です。

 

ただ、近い人物はいます。

昭顕世子(ソヒョンセジャ)孝宗(ヒョジョン)のちの鳳林大君(ポンリムデグン)の父仁祖(インジョ)が謀反を起こしました。

この2年後にイ・ワンである昭顕世子(ソヒョンセジャ)が即位しました。

 

なのでこの昭顕世子(ソヒョンセジャ)の立場が一番イ・ユルの立場と結構近い感じではないでしょうか

 

あと活動的な感じの世子という感じでこの時代にでてくる史実上の人物は光海君(クァンヘグン)なのでちょっと光海君(クァンヘグン)の要素も混ざっている?

という感じですね。

 

この人物たちを知るには三銃士華政(ファジョン)馬医、イルジメ一枝梅などを見るとわかりやすくなります★

まとめ

100日の朗君様の時代背景や世子は実在モデルのはいたのか?

これは16代目や15代目の時の話になります。

かなりこのときはクーデターが起きたり、謀反が起きたりと色々あった時代です。

 

100日の朗君様はそのような色々あった時代の話ということになります

そしてイ・ユル本当にいた人物ではありませんが、似たような人物はいました。

本当にいたらもっとよかったのですが、でもモデルになっているかも?という人物はいたのでその点を頭に入れて見られるとまたグっと楽しめるかもしれませんね。


韓国ドラマ見逃し配信はこちら

韓国ドラマ見逃し配信視聴はこちらで初月31日間見放題♪