華政(ファジョン)

【韓国ドラマ】華政(ファジョン)第19話あらすじやネタバレ、感想など!

韓国ドラマ『華政(ファジョン)』第19話のあらすじです。

華政(ファジョン)の第19話はどんな内容となっているんでしょうか!

気になるその内容をご紹介します。

韓流観るなら<U-NEXT> 無料トライアル実施中!<U-NEXT>

韓国ドラマ 華政(ファジョン)第19話あらすじ、ネタバレや感想!

 

過去のあらすじ

華政過去あらすじ

華政(ファジョン)第19話あらすじ

火器都監(ファキトガム)に戻り必死に数珠をさがすファイの前に、突然ゲシが現れる。

そして光海君(クァンヘグン)が呼んでいることを伝える。

光海君(クァンヘグン)は王室の作法を知っていたファイに刀を突きつけて正体を問いただす。

 

でもファイはうまくかわし、漁夫の娘だと嘘を突き通す。

片や仁穆大妃(インモクテビ)は、ファイが落とした数珠をつけていた者にそれはどうしたのだと驚愕しながら聞く。

これは、慶運宮(キョンウングン)に”観音の目”の数珠が落ちていたことを知りもしかすると、公主(コンジュ)が生きているのではないかと期待を抱き始める。

数珠を拾った門番を問いただすと、持ち主はわからなかったが、前日に土取り係がきたと知らされる。

数珠の件で仁穆大妃(インモクテビ)に問いただされた門番は、この一部始終をゲシに報告していた。

同じ頃、ホ・ギュンとジュソンは、仁穆大妃(インモクテビ)を利用して光海君(クァンヘグン)の失脚を目論む。




感想

やっぱりあの数珠がきっかけでファイの正体がどんどん明らかになりそうですね!

このファイが公主(コンジュ)だと知ったときのみんなの驚く顔が想像できてワクワクします!

そして仁穆大妃(インモクテビ)に早く無事だと言うことを知ってほしいですね。

娘・息子どちらも亡くしたと思っているから娘だけでも元気ってことを知ってほしいって願うばかり。

 

次の回くらいではそろそろそれが叶うかもしれませんね


韓国ドラマ見逃し配信はこちら

韓国ドラマ見逃し配信視聴はこちらで初月31日間見放題♪